【経験談】仕事は真面目すぎると、ストレスで病む
塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング

仕事に対して真面目な方なのですが、ストレスが溜まっています…

と悩んでいる方向けに、

おふく|仕事がつらい人専門カウンセラー

大手上場IT企業に6年間勤務。新卒採用、新卒者へのメンター対応やテックアカデミーでメンターとしても携わる。カウンセラーとして活動中。詳しくはこちら→

が、今回は「【経験談】仕事は真面目すぎるとストレス→病む」について解説していきます。

目次

  1. 【経験談】仕事は真面目すぎるとストレスで病んだ話
  2. 仕事に対して真面目な人の特徴
  3. 自分にプレッシャーをかけ過ぎている事に気づく
  4. 【経験談】仕事に真面目すぎる人のためのストレス対処法
  5. まとめ

【経験談】仕事は真面目すぎるとストレスで病んだ話

私は大学卒業後、大手IT企業にWebデザイナーとして勤めていました。そこで6年間働いていたのですが、6年目にして突然休職することになったのです。

5年目の春頃、社内でも大きめなプロジェクトに上司の推薦もあり参加することになりました。上司や周りの期待にしっかり応えられるよう一生懸命仕事に取り組んでいました。ですが、多くの人たちが携わる大プロジェクトということもあり、リリース日がリスケ・リスケの連続で、どんどん延期されていきました。終わりの見えないマラソンをしている感覚でした。

その度に、これは自分の成長のためだし、みんなも頑張っているし、周りからも期待されているから頑張らなければ!と辛い気持ちがありながらも耐えていたのです。

ですが、それは突然やってきました。平日のある朝、今日も仕事だから起きなければと思い起きあがろうとすると、身体中の力が抜け立ち上がる事ができなくなっていたのです。

これは、普通な状態ではないと思い休みをもらい、心療内科へ行ってみると「うつ状態」と診断され休職することになったのです。

仕事に真面目なのは素晴らしいですが「過ぎる」と自分の身を滅ぼします。

仕事に対して真面目な人の特徴

仕事に対して真面目な人の特徴について解説していきます。

責任感がありすぎる

社会人として仕事をする上で責任感があることはとても大切なことです。ですが責任感が「ありすぎる」と全てのタスクや問題を自分ごととして捉えてしまい、たくさんの物を背負い込んでいるのです。

完璧にこだわる

仕事に対して真面目過ぎる人は、とても丁寧で完璧な仕事をします。そしてとても几帳面で、デリケートな一面もあります。完璧かは自分が決めることなので、常に完璧を追い求めて、心身が限界になるまで気づかない事があります。

自分に優しくない

仕事に真面目過ぎる人は、自分に優しくありません。「まぁ、仕方ないよね」「まぁ、いっか」と言った言葉は許さずに「なぜできなかったんだ」「もっと違う方法でやればできていたんじゃないか」自分を責めがちです。

当てはまるものはありましたか?

自分にプレッシャーをかけ過ぎている事に気づく

仕事に真面目過ぎる人の中には、成長過程で「正しくあらねばならない」「解決し達成しなければならない」「成功しなければならない」といった〜すべき・〇〇しなければいけないというプレッシャーを受けて育ってきた可能性があります。

自分の正しさにこだわる人は、心が弱く不安定で、間違ってしまうこと、失敗することにとても怖れてします。

まずは、自分にプレッシャーをかけすぎているということに気づく事が大切です。

【経験談】仕事に真面目すぎる人のためのストレス対処法

仕事に真面目過ぎる人はどのようにストレスを発散すればいいのでしょうか。

自分が何に癒やされるのかを知る

仕事に真面目すぎてストレスを抱える人は、あまり趣味という趣味がなかったり自分が何で癒やされるのかを知っていない事があります。私もそうだったのですが、まずは自分に合った癒しを見つける事が大切です。

私にとっての癒しを見つけて「リスト化」することもおすすめです。ストレスを感じている時に、その癒しリストを見れば自分が何で癒やされるのかがわかり、それをこなしていくことで仕事のストレスを発散する事ができます。

趣味がなければフィジカル面から癒す

上記で解説した、そもそも無趣味である人はまずは体をほぐす癒しを試してみることをお勧めします。仕事に対して真面目過ぎる人は、心身がカッチカチに凝っている事が多いので、整体やマッサージを受けることで体の面をほぐし癒す事ができます体と心は繋がっているので、どちらかが凝っていると片方にも影響を及ぼします。

カウンセリングを受けてみる

カウンセリングと聞くと、精神疾患が受ける人のイメージがあるかもしれませんが海外ではちょっとした悩みがあるとセラピスト(カウンセラー)に相談する事が一般的です。私が歯が痛い時に歯医者に行くのと同じ感覚なのです。

仕事で真面目すぎてストレスを感じる時は、第三者で話を聞くプロであるカウンセラーに話をすることでカタルシス効果(ネガティブな気持ちを吐き出してスッキリする感覚)が得られるだけでなく、自分の考え方の癖に気づいたり、自分の本来の気持ちを整理することができます。

カウンセリングに興味がある方は下記の記事で、カウンセリングの流れを解説してるのでご覧ください。

実際のカウンセリングの流れ

自分の癒しはなんなのか?を見つけてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は「【経験談】仕事は真面目すぎると、ストレスで病む」について解説しました。

塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング
上部へスクロール
オンラインで受けられる
お試しカウンセリングを予約する
オンラインで受けられる
お試しカウンセリング