【経験談】仕事早く辞めたい時の原因と対処法
塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング

仕事を早く辞めたいです…

と悩んでいる方向けに、

おふく|仕事がつらい人専門カウンセラー

大手上場IT企業に6年間勤務。新卒採用、新卒者へのメンター対応やテックアカデミーでメンターとしても携わる。カウンセラーとして活動中。詳しくはこちら→

が、今回は「【経験談】仕事早く辞めたい時の原因と対処法」について解説していきます。

目次

  1. 【経験談】仕事早く辞めたい時の原因
  2. 【経験談】仕事早く辞めたい時の対処法
  3. まとめ

【経験談】仕事早く辞めたい時の原因

私も当時の仕事に対してすぐにでも辞めたいと思っていたので実体験を交えて原因を解説して行きます。

仕事がつらい

「つらい」と一言で言っても、さまざまなつらさがあるでしょう。仕事量が多く残業も多い、職場の人間関係が悪い、業務内容が自分にとってハードなど仕事の中でつらい時間が常にあると早く辞めたくなるのも当然です。

今の仕事にやりがいを感じない

やりがいを感じずに淡々と仕事をこなすことは、一見キツく感じないように見えますが感情が死んでいく感覚があり、私にとっては苦痛でした。仕事に対して何らかのポジティブ感情がなければ続けることはメンタルをすり減らす行為です。

あなたが仕事を早く辞めたい理由はなんでしょうか。

【経験談】仕事早く辞めたい時の対処法

仕事を早く辞めたい時は、どうしたらいいのかを解説して行きます。

一旦休みを取って仕事から離れる

早く仕事を辞めたいというのは、常に今の環境にいるから衝動的になっている可能性があります。ですから一旦有休などを使ってまとまった休みを取り心身を休めることが大切です。心身が疲れていると正常な判断ができないので、転職など重要なイベントの決定をする時には焦らないように注意しましょう。

自分と向き合う時間を設ける

次の転職先でもこのような事態にならないように、あなたがなぜ早く仕事を辞めたいのか原因を明らかにして、これからどうしたいか、どんな人生を歩むたいかなど自分の気持ちと向き合うことが大切です。自分と向き合う方法には、あなたの周りにいる信頼できる人に自分について語るでも良いです。

なかなか自分について語るのが苦手な場合は、第三者であるカウンセラーに話すのも1つの手です。

会社を辞める準備と転職活動開始

自分の気持ちと向き合った結果、今の仕事を早く辞めたいと思うようであれば会社を辞める準備と新たな転職先を探し始めましょう。

不安になりやすい人の場合、転職先の不安や将来の不安などあれこれ考えだしてしまう人もいます。そんな人は、未来のことを考えすぎるのではなく「今」できることは何かに集中するようにしましょう。

重要は判断をする場合は、冷静な判断ができる状態でしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は「【経験談】仕事早く辞めたい時の原因と対処法」について解説しました。

仕事を早く辞めたい気持ちはわかりますが、転職など重要なライフイベントの場合正常な判断ができる状態で決めるようにしましょう。

塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング
上部へスクロール
オンラインで受けられる
お試しカウンセリングを予約する
オンラインで受けられる
お試しカウンセリング