カウンセリングって何をするの?
塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング

カウンセリングって何をするんですか?

と悩んでいる方向けに、

カウンセラー
大手上場企業で新卒採用、メンター経験有り

が、今回は「カウンセリングの概要とメリット」について解説していきます。

目次

  1. カウンセリングとは
  2. カウンセリングのメリット
  3. こんな悩みがある時はカウンセリング
  4. 色彩心理を使ったカウンセリング
  5. まとめ

カウンセリングとは

カウンセリングとは、クライアント(来談者)の置かれている状況や問題、相談したいこと、ビジョン(こうなりたい)などを伺い援助していく行為です。

悩んでいたり辛い気持ちの時は、感情に翻弄されたり自分の気持ちがわからなくなったり、どうしたらいいのか分からなくなったりします。そんな時にカウンセリングを通して、自分のことや気持ちを話し、それをカウンセラーに聞いてもらうことで、自分の気持ちを客観視できたり、何に悩んでいるのかを整理でき悩みの解決の糸口やヒントが見えてきます。

自分の気持ちや悩みを整理するメリットがカウンセリングにはあります

カウンセリングのメリット

カウンセリングのメリットは様々です、例えば下記のようなメリットがあります。

  • 自分の気持ちと向き合える
  • 日々のストレスケアができる
  • メンタルバランスを整えられる
  • 仕事だけでなく、人としての成長に繋がる
  • モヤモヤが薄れて、スッキリした気持ちになれる
  • 違う視点で物事を捉えるきっかけになる
  • 抱えている悩みや問題を整理することができる

煮詰まっている時に、カウンセリングを受けることで解決のヒントが得られることがあります

こんな悩みがある時はカウンセリング

カウンセリングには、色々な悩みのジャンルがあります。おふくのカウンセリングルームで対応している悩みは下記の通りです。

自分の将来が不安、悩みの解決策が出ない

仕事・お金・友達・恋愛・結婚など悩みが尽きず、考え込んでしまい不安になる時がある。

自分に自信がない、自己肯定感も低いほうだ

昔から人の目が気になったり、周りに流されやすい性格で、自分がしていることが正しいのかも分からない時がある。

やりたいことが分からない、決められない

今の仕事を辞めたいが、これから自分が何をしたいのかも分からない。

やりたいことが見つからない・自信がない方を対象にしているカウンセリングです

色彩心理を使ったカウンセリング

カウンセリングと聞くと、言葉のみでのカウンセリングをイメージされる方が多いと思います。

カウンセリング手法は、様々な理論がありカウンセラーによってどの手法を使うかは全然違うこともあります。おふくのカウンセリングルームでは、色彩心理を使ったカウンセリングを行なっております。

ぬりえカウンセリングの様子

この色は、実際に色彩心理を活用したカウンセリングを受けた方達のものです。人によって、塗り方や色使いが全然違うことがお分かりになるでしょうか。

色の塗り方や使っている色から「自分の本音」が分かります。今の自分の気持ちの状態や、自分がどうなりたいかを色を通して心が教えてくれるため、通常の会話でのカウンセリングよりもご自身の気持ちがわかりやすくなります。

塗った色には自分の無意識が投影されています。自分の気持ちが可視化されて客観視することが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

カウンセリングを受けることで自分の気持ちの整理ができたり、悩みの解決のヒントが得られるメリットがあります。悩まれていてなかなか答えが見つからない時はぜひカウンセリングを活用されてみてくださいね。

塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング
上部へスクロール
オンラインで受けられる
お試しカウンセリングを予約する
オンラインで受けられる
お試しカウンセリング