カウンセリングとコーチングの違い解説
塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング

カウンセリングとコーチングの違いが分かりません

と悩んでいる方向けに、

おふく|仕事がつらい人専門カウンセラー

大手上場IT企業に6年間勤務。新卒採用、新卒者へのメンター対応やテックアカデミーでメンターとしても携わる。カウンセラーとして活動中。詳しくはこちら→

が、今回は「カウンセリングとコーチングの違い」について解説していきます。

目次

  1. カウンセリングとコーチングの違い
  2. カウンセリング・コーチングどっちを受けるのが良い?
  3. 悩みがある時はカウンセリング
  4. まとめ

カウンセリングとコーチングの違い

カウンセリングとは

カウンセリングの目的は、深い癒しと人間的な成長です。抱えている悩みや、過去の体験によるトラウマなど「人生」をテーマとした人生全般における悩みを癒すことで、心の深い変容によって良い変化を促すことができます。

コーチングとは

コーチングとは対話を通じてその人の能力を最大限引き出し、目標達成に向かわせる技術です。ですから、カウンセリングと違い行動を変えるようなヒントを与えたりその人が持つ潜在能力を引き出したり、仕事での目標達成ができるようにサポートします。コーチングは人材解決技法の1つとして、導入する企業も増えています。

「コーチング」と言う言葉を使わなくても、会社の上司との面談でもこういったコーチングが行われていることが多いです。

カウンセリングは人生全体に良い影響を与えます。

カウンセリング・コーチングどっちを受けるのが良い?

カウンセリング・コーチングの違いについて解説しましたが、ではどちらが自分に合っているのかをまとめました。

カウンセリングが向いている人

  • 悩みや将来の不安、モヤモヤがある
  • いつもネガティブ思考がち
  • 何かに依存しやすい
  • どうしたらいいか分からない

コーチングが向いている人

  • 達成したい目標がすでにある
  • 叶えたい夢があるがなかなか実現しない
  • 自分が成長するためのヒントが知りたい

夢や目標があり、今の状態からより高みを目指している方に向いています。

悩みがある時はカウンセリング

カウンセリングの基本は傾聴です。

カウンセラーがじっくりと話を聴いてくれて、自分のことを理解し受け入れてくれたと感じることができると、心の底に眠っている自覚していなかった思いや願いに気づくようになります。

そうして自分のありのままの状態を受け入れられるようになると、自分の気持ちや感覚に自信が持てるようになり、自分の正直な気持ち・感覚を大切にするようになります。自分のことを好きだと思えなかった人も自分を好きだと感じられるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は「カウンセリングとコーチングの違い」について解説しました。

悩みや不安であれば、カウンセリングを受けてみることを検討してみましょう。

塗った色で、自分の本音が分かるお試しカウンセリング
上部へスクロール
オンラインで受けられる
お試しカウンセリングを予約する
オンラインで受けられる
お試しカウンセリング