就活がいや!と思うのはなぜなのか?
オンラインで受けられる。仕事の悩みを解決するカウンセリング。ホームページを詳しく見る。

もうすぐ就活が始まるのですが考えるだけでもしんどいです…。

と悩んでいる方向けに、

カウンセラー
大手上場企業で新卒採用、メンター経験有り

が、今回は「就活に対するいやな気持ち」について解説していきます。

目次

  1. 就活がいやだと思ってしまうのはなぜなのか
  2. 就活がいやだという気持ちはどうすればいいのか
  3. 就活に対する不安や嫌な気持ちはカウンセリングで解決
  4. まとめ

就活がいやだと思ってしまうのはなぜなのか

就活がもうすぐ始まる方、すでに就活が始まっていていやな気持ちがある方、どうして就活に対していやな気持ちがあるのでしょうか。これは就活生によって様々な背景があります、例えば下記が挙げられます。

  • 就活に対して漠然とした不安感がある
  • 社会人になるのがいやな気持ちがある
  • そもそも働くのがいやだと思っている
  • 仕事としてやりたいと思う事がない
  • 就活で内定がもらえるのか不安がある
  • 面接や書類選考で失敗しないか不安がある

これら以外にも、就活生によって様々な就活に対する不安感やいやな気持ちがあるでしょう。

漠然とした就活に対する不安感が「就活はいやだ!」という感情になっているかも知れません。

就活がいやだという気持ちはどうすればいいのか

まずはあなたが就活に対する嫌な気持ちはどの部分なのかを明らかにする事です。人は漠然としたモヤモヤや不安感があると嫌な気持ちや、考えることを嫌厭してしまう事があります。

漠然とした就活に対する嫌な気持ちなのであれば、なぜ就活が嫌なのかを明らかにすることで対策をし、就活の準備をスムーズに進める事ができます。

就活に対して漠然とした不安感がある場合

人生で初めての就職活動、どんな学生さんでも不安や緊張はあります。不安や緊張というのは経験のない「就職活動」だからこそ起こるのです。まずは、就職活動全体の年間スケジュールを確認したり、就活セミナーに参加してみたり、OB・OGと話をしたり、学校内にあるキャリアセンターに行ってみると言った「行動」をする事が大切です。

人は、じっと考えている時にこそ不安感や緊張感が生まれます。それを解消するためにも行動する事が大切なのです。

そもそも働くのがいやだと思っている場合

これは、学生だけでなく社会人である大人達も思っている人が多いのではないでしょうか。
できれば、働かずラクして生きたいものですが、なかなかに難しいですよね。では、どうすればいいのか→「楽しい・やりがいに感じる・ワクワクする」と言った自分の心が喜ぶような仕事を探す事です。就職活動を適当に済ませて、適当な会社に入社し、適当に仕事をしているともっと働くことに苦痛を感じ、ふさぎ込んでしまう可能性もあります。

ですから、就職活動前にできるだけこの「働くのが嫌だ」という気持ちを整理する事が大切です。なぜ働くのが嫌なのか、やりたい事が見つからないからなのか、組織に所属するのが嫌なのか、上司に命令されるのが嫌なのかと言った「働くのが嫌だ」を深掘りしてみてください。そうすることで悩みの解決の糸口が見つかっていきます。

就活で内定がもらえるのか不安がある場合

これは全就活生が、不安と思っている事ではないでしょうか。
結論から言うと、会社を選ばなければ内定は確実にもらえると言っていいでしょう。ただ、自分の志望する会社に内定が貰えるかとなると「絶対」とは言えなくなります。その理由は、その会社の内部的事情(採用人数が決まっている場合等)だったり、面接官との相性、社風と就活生との相性、運もあるからです。

就活生にありがちなのが「絶対この会社に入る!」と言う固執した考え方です。もちろん、情熱を持って就活に挑むことはとても素晴らしいことですが、上記でもお伝えしたとおり、あなたの能力や素質だけでは叶わない結果(その会社の事情)もあり得ると言うことです。

もし、第一希望の会社に入社できなかったとしても大丈夫です。その理由は、とりあえず他の会社へ入社し数年後に、第一希望だった転職すれば良いからです。よく転職のCMを見かけるくらい、世の中では転職が常に行われています。就活生はこれに落ちたら一生終わりなんて思う人もいるかもしれませんが、全然そんなことありません。とりあえず希望業界の他の会社へ入社し、転職に向けて実績作りをしましょう。

話が少し脱線しましたが、会社を選ばなければ絶対内定は貰えます。そして、第一希望に入社できなかったとしても、転職という手があるので楽観的に考えるようにしましょう。

面接や書類選考で失敗しないか不安がある

この不安については、答えは明快で「練習と場数を踏みましょう!」ということに尽きます。

書類選考に関しては、学校内にあるキャリアセンターの職員さんに客観的な意見を貰いましょう。そして、友人やOB・OGに見せてアドバイスを貰うことで最初に書いていたESよりも確実によりよくなっていきます。ただ、ESが完璧だったとしても日本は学歴社会の雰囲気はいまだに多くあるので、大学のレベルで振るい落とされることもあります…。

面接に関しては、場数を踏むことに尽きます。キャリアセンターで模擬面接などもありますが、それは程々に実際の企業の面接をたくさん経験した方が良いです。模擬は模擬に過ぎませんので本番で下手こいたら終わりです。第一志望の企業を受ける前に、20社以上色々な会社の面接を受ければ最初の頃より断然受け答えが上手になっていきます。

なぜ就活に対して嫌だという気持ちがあるのか、原因を見つめていきましょう。

就活に対する不安や嫌な気持ちはカウンセリングで解決

就活に対する漠然とした不安感や嫌な気持ちは、カウンセリングを行うとその原因が明らかになっていきます。そして、本来の自分はどうしたいのかが分かってきます。

就活に対する嫌な気持ちの先には、自分はこうありたい、こうなりたいという気持ちが隠れています。

一度カウンセリングを体験されてみて、自分らしい生き方を見つけてみてくださいね。

カウンセリングを行うと就活に対する「自分の本音」と向き合う事ができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
就活に対する嫌な気持ちの背景には、漠然とした不安感があるということをお伝えしました。カウンセリングを行なっていくと自分らしい生き方とはなんなのかを見つける事ができます。就活に対して嫌な気持ちがある方は、一度カウンセリングを体験されてみてくださいね。

オンラインで受けられる。仕事の悩みを解決するカウンセリング。ホームページを詳しく見る。
上部へスクロール
今の仕事で大丈夫?自分に合ったキャリアの見つけ方
LINEで受取る
今の仕事で大丈夫?自分に合ったキャリアの見つけ方
LINEで受取る