【実体験】カウンセリングの効果的な受け方はコレ
オンラインで受けられる。仕事の悩みを解決するカウンセリング。ホームページを詳しく見る。

カウンセリングの受け方とかってありますか?

と悩んでいる方向けに、

カウンセラー
大手上場企業で新卒採用、メンター経験有り

が、今回は「【実体験】カウンセリングの効果的な受け方はコレ」について解説していきます。

目次

  1. 【初めてでも大丈夫】効果的なカウンセリングの受け方
  2. 効果的なカウンセリングサービスの選び方
  3. まとめ

【初めてでも大丈夫】効果的なカウンセリングの受け方

効果的なカウンセリングの受け方を、私の実体験を含めて解説していきます。

言いたくない事は言わない

カウンセリングと聞くと、自分の気持ちを赤裸々に語らなければいけないというイメージがあるかもしれませんが、言いたくないことは言う必要はありません。

その理由には、カウンセリング後に「あの事をなんで言っちゃったんだろう…言わなければ良かった…他の人に広められたらどうしよう…」と言った感じに悩みを解決するためにカウンセリングを受けたのに、逆に悩みが増えてしまう事があるからです。

自分自身と向き合う

カウンセリングは、カウンセラーがあなたの悩み解決の仕方を教えてくれるわけではありません。では、なぜカウンセリングを受けるのか?それは、悩み解決の答えは自分の心の中にあるからです。自分の心の中にある悩み解決の答えを知るためにカウンセリングを受けるのです。

何より、一人よりも二人の方が気持ちを共有することで安心感が得られますよね。ただ、いくら気心が知れた人でも、自分の悩みばかり話すと気が引けます。そんな時はカウンセラーに話す事であなたの悩みに寄り添ってくれます。

カウンセリング中の気づきを大切にする

すごく不思議なのですが、カウンセリングを進めていくと、自分でも気づかなかった気持ちに気づくことがよくあります。「私って本当はこう思っていたのか」「本当はこうしたいのか」と言った感じに本音がポロッと出ることが多々あります。それが自分の悩みの解決のヒントになります。

継続してカウンセリングを受ける

カウンセリングはお薬ではないので、1回のセッションで劇的に心情が変化することは考えにくいです。そして、カウンセリングにいらっしゃる方のほとんどは、ひとりでは抱えられなくなった深い悩みを持ってきます。

それほどの悩みが出来上がったのは、長期間ご自身がその悩みと闘ってきたからです。それほどの悩みを1回のセッションで根本的に解決するというのはどんなに優れたカウンセラーでも難しいことです。

ですから、継続的にカウンセリングを受けることで徐々に気持ちの変容が起こってきます。

上記を意識すれば効果的なカウンセリングを受けられます

効果的なカウンセリングサービスの選び方

私が実際にカウンセリングを受けてきて、効果的と感じた選び方を解説します。

安心して話せるかが重要(直感を大切にする)

カウンセラーなら誰でも良いというわけではありません。年上だから・心理資格保有者だから・有名だからではなく、人間ですから合う合わない相性があります。

効果的なカウンセリングを受けるなら、やはり安心して自分の気持ちを語れるカウンセラーを選ぶことが大切です。相手に不信感やストレスを感じながらカウンセリングを受けると、かえって悩みが拗れるでしょう。

自分の特性に合ったカウンセリング手法を選択する

カウンセリングと言っても、さまざまな手法があります。話を聞いてもらういわゆる傾聴がベースとしてありますが、話すのが苦手な人の場合、絵を描いて表現する手法、催眠療法、箱庭療法などさまざまな手法があります。最初はスタンダードな傾聴スタイルのカウンセリングを受けて自分に合っているか試してみるのも良いでしょう。

私の場合、話す前に「色塗り」をしてもらい、色彩心理・描画療法の観点からカウンセリングを行うものもあります。

安心・自分の特性に合ったカウンセリングを受けると効果的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は「【実体験】カウンセリングの効果的な受け方はコレ」について解説しました。

カウンセリングを受ける前に上記を心構えとして、意識して受けると効果が得られると思いますので確認しておきましょう。

オンラインで受けられる。仕事の悩みを解決するカウンセリング。ホームページを詳しく見る。
上部へスクロール
今の仕事で大丈夫?自分に合ったキャリアの見つけ方
LINEで受取る
今の仕事で大丈夫?自分に合ったキャリアの見つけ方
LINEで受取る